本会について

ご挨拶

 『じぶんの町を良くするしくみ。』の実現に向けて

 

 社会福祉法人和歌山県共同募金会のホームページにお越し頂き、ありがとうございます。

 平素から赤い羽根共同募金へのご寄付や運営のボランティアとして、ご支援ご協力を賜っている皆様に心よりお礼申し上げます。

 

 赤い羽根共同募金の歴史は、戦後間もない昭和22(1947)年に、住民が主体の民間運動として始まりました。

 当初は、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。

 

 赤い羽根共同募金創設70年を経て社会が変化する中で、全国の様々な地域福祉の課題解決に取り組む福祉施設・団体等を支援する仕組みとして、共同募金は住民主体の運動を進めています。また、大規模災害時には被災地を支援する仕組みもつくっています。

 

 本会は和歌山県における赤い羽根共同募金を推進する実施主体として、県内の民意を反映できるよう、様々な団体の方々が参画する役員、評議員及び配分委員等で構成し、地域の社会課題を解決するために、皆様から頂きましたご寄付を地域福祉の推進を行う県内の福祉施設・団体等に助成しています。

 

「じぶんの町を良くするしくみ。」である赤い羽根共同募金は、住民共有の社会的財産として地域福祉の推進のために、より一層役割を果たしてまいりたいと存じますので、ご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

                      

                      

 

社会福祉法人

和歌山県共同募金会

  会 長 大岡 淳人

 

 

 

 

和歌山県共同募金会について

 

和歌山県における共同募金運動の実施主体となるのが、社会福祉法人和歌山県共同募金会です。
和歌山県共同募金会では、和歌山県内の社会福祉施設等からの要望に基づいた助成計画の策定、それに基づいた募金目標額の設定、募金の取りまとめ及び助成を行います。助成計画及び募金目標額の設定にあたっては、県内各地域の社会福祉施設等からの助成要望を審査したうえで、助成計画を策定する配分委員会が設置されています。
また、各地域における運動の推進のための内部組織として、県内各市町村に市町村共同募金委員会(支会・分会)を設置しています。
さらに、都道府県共同募金会の連絡調整機関として、中央共同募金会があります。

情報公開

定款

計画の公告(社会福祉法第119条)

結果の公告(社会福祉法第120条)

報酬等の支給の基準

お問合せ窓口

〒640-8319
和歌山県和歌山市手平2丁目1-2
県民交流プラザ和歌山ビッグ愛7階
社会福祉法人和歌山県共同募金会
電話番号073-435-5231
FAX番号073-435-5232
Eメール info@akaihane-wakayama.or.jp